就職活動で学生が悩む服装の表現の仕方の真意とは?

服装自由と書いてあったら

面接や説明会に行く前に服装についての注意書きがある場合がありますが、その中で「服装自由」と書いてあったら、どういう格好で行くべきでしょうか?この場合には、自由と書いてはあるものの、企業の意図としてはスーツか、せいぜいオフィスカジュアルと呼ばれている格好が理想になるでしょう。つまり、大学に着ていくような服装をしてはいけないというメッセージでもあると思われます。ほとんどフォーマルに近い格好をしろということですね。


私服でお越しくださいと書いてあったら

これは多くの方が考えている私服に近い表現の仕方です。私服であればどんな格好でも良いというわけではないものの、オフィスカジュアルのようなフォーマルに近い格好をする必要はなく、いわゆる私服やカジュアルな服装がかなり許容される表現になっていると思います。動きやすい服装という言い方もされるかもしれませんが、この場合もスーツは一般的には動きづらいので、私服で行っても良いと捉えても良いのではないか?と思いますね。


何も指定がないようなケース

何も書いていなければ、企業としては服装の指定をするようなケースじゃないということになりますから、一般的な服装をしていくべきとなります。その一般的な服装とは何か?というとスーツになります。したがって、何も指定がないケース、これが結構多いのではないか?と思いますが、そういうときには迷わずスーツを着ていくと良いでしょう。指示が曖昧だと迷うかもしれませんが、そもそも指示がないのであれば、スーツを選ぶと浮くこともないですし、間違いではないですね。



人事として採用活動をしていて上手く行かない場合は新卒紹介サイトが便利です。需要に合致している人材を探すことが出来ます。