自立の人も利用可能!介護に備えて有料老人ホームを考える

有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、食事や介護、洗濯・掃除等の家事、健康管理など、高齢者が日常生活上必要なサービスを受けられるよう配慮された施設ですよね。介護保険施設とは異なり、要介護の認定を受けていない人も入居することができるため、自立の方から要介護度の高い方まで、幅広く利用されていますよね。一方、介護保険法に位置づけされている施設としては、「特別養護老人ホーム」「老人保健施設」「介護療養型医療施設」がありますね。


民間の創意工夫によって設置!

近年の急速な高齢化に伴い、介護の必要な高齢者が増加したため、介護保険施設だけでは入居を希望する全ての高齢者の受け入れが難しくなったんですよね。こうした背景から、民間の創意工夫によって設置されたのが「有料老人ホーム」であり、徐々に増加していますね。入居者が適切なサービスを受けているかの確認や入居者の権利の擁護を図るとともに、施設側の視点で、例えば、利用料を滞納している入居者に、施設が対応に苦慮していないか等、事業者と入居者双方の視点に立ち、中立的な立場から、定期的に立ち入り調査をしているところもあるんですよ。


施設の情報を集めることが重要!

有料老人ホームは、介護保険制度にない民営の老人ホームになるため、居室の面積や利用料金、提供されるサービスの内容、配置されている職員の数などは、それぞれの施設によって異なりますね。また、事業者と入居者が直接契約を結び、入居することになりますよね。そのため、有料老人ホームへの入居を検討する際は、入居する方あるいは家族の方が、施設の見学や複数の施設のパンフレットをを比較するなど、施設に関する情報を事前に集めることが非常に重要ですよ。



介護に就職をしたいのでしたら、介護専門の求人サイトを利用すれば、好条件の求人を見つけることができるのでおすすめです。