自宅では介護は難しい、介護施設のことが分からない…代表的な介護付き施設をご紹介

特別養護老人ホームとは

低料金で入居できる施設が分からないという方もいますよね。特別養護老人ホームは、介護保険施設の一つで、地方自治体や社会福祉法人が公的に運営をしている施設で、要介護度が1~5度の認定を受けており、65歳以上の人が、施設へと入居できます。公的な施設なので、入居者は低料金で施設を利用することができるんですよ。認知症が重く、身体的な介護支援を必要とする入居者も多く、入居者のご家族が、施設側での看取りを希望した場合、施設で勤務している看護師などと連携をとりながら、ケアスタッフは入居者を最期まで介護することもあります。自宅での介護が難しい、金銭面でも悩んでいる、という要介護のご家族をお持ちの方は、特別養護老人ホームを選ぶのが良いでしょう。


有料老人ホームとは

有料老人ホームとは何だろうかと、分らない方もいますよね。有料老人ホームとは、民間の企業などが運営しており、有料老人ホームのタイプは、住宅型・介護付き・健康型の3つのタイプがあります。日々の生活を快適に過ごすことが出来る様に、入居者一人一人への支援が行き届いており、特別養護老人ホームよりも費用がやや高い為、入居者の方を「お客様」として、入居者のニーズに最大限に沿って介護を行うのが、公的な特別養護老人ホームとの違いです。金銭面的に余裕があり、ご家族に対する介護において、サービスの行き届いた介護支援を、希望される方は有料老人ホームが良いですよ。


ユニットケア型の施設とは

ユニット型って何だろうという方もいるでしょう。ユニット型の施設について説明していきますね。ユニット介護型の施設とは、施設の個室を10人ほどのグループに分けて、それぞれを一つの生活単位とし、ユニットごとに、入居者に介護支援を提供し、生活をしてもらう施設のことです。少人数の家庭的な雰囲気の中で、一人一人の入居者に個別の支援をしていくことをユニットケアといい、他の施設と比べて家庭的なケアが、提供されているのが、ユニット型施設の長所ですよ。



介護の求人情報は、介護用の求人サイト、求人情報誌を使うと探しやすい上に、詳細情報もとても調べやすいです。