これで安心!初めてのアルバイトで気を付けたいこと3選

先輩の指導のメモを取る

特に若い世代の方々は、誰かに指導してもらっている時にメモを取る、という習慣がない人も多いかもしれません。話の途中にメモを取ってしまうのが失礼と考えてしまう方もいます。しかし、実際は逆でアルバイトの場合、先輩方に指導されている時、熱心にメモを取るのが良い姿勢であると判断されます。もしメモを取らずに一生懸命聞いた方が覚えが良い、という人がいたとしても、やはり最初はマナーとしてメモを取るべきかもしれません。


無断欠席や遅刻をしない

学生の場合、学校と同じ感覚でアルバイトをしてしまい、失敗してしまうことがあります。これがその一例です。学校で欠席してしまったとしても、自分の机が空くだけで、何ら周囲に支障はないことがほとんどですが、一方でアルバイトや仕事の場合、一人か欠席してしまうと、その分の働きを他の人たちが背負わなくてはならなくなります。最悪の場合、店を開けることができなくなることもあるため、もし欠席する場合は、代わりにシフトに入れる人を探しておくようにしましょう。


分からないことは聞く

基本的なことではありますが、どうしても疎かになってしまいがちなことです。仕事途中、一度教えられたにも関わらず、忘れてしまっていることがあるとします。確かにそれを先輩に聞けば、少し注意を受けてしまうかもしれません。しかし、仕事の場合自分の判断だけで、それも多分、と曖昧な判断だけで行動するのはご法度です。逆に大失敗してしまい、全員に迷惑を掛けてしまうことにもなりかねません。不安があれば逐一誰かに尋ねるようにしましょう。そのために、話しやすい先輩との関係を心掛けるのが理想的です。



高時給のバイトをするとたくさんのお金を稼ぐことができます。仕事内容も接客を始めさまざまなものがあります。