ハッピーな転職をしよう!!30代女子でも大丈夫!

30代女子の転職は楽天的に

女性が転職を考えるとなると、男性以上に考えてしまうものですよね。30代に入ると年齢や資格が気になって、もう年だしとか、自信を持ってのぞめるような資格ももっていないしとあきらめていませんか。転職というのは、正直なところいくつでもできるものです。30歳になったばかりの人でも35歳を過ぎた人でも問題はありません。時には門前払いされることもあるかもしれませんが、100パーセントの確信がないとのぞまないのは女性の悪いクセです。また、男性に比べてやり直しもききやすいですから、キャリアを目指すのか、夢の起業を目指すのか、女性らしい癒しやサービス系を目指すのか、それとも結婚しても働ける職場を探すのか、自分はどうして転職したくて、目指すところはなんなのかまずは考えておきましょう。


妥協せずにピンときたらうつればいい

転職はいくつでもできますが、自分で私なんかと、後ろ向きな気持ちのまま妥協して転職先を探し、満足できない転職をするくらいならやめておきましょう。しかし、給料が落ちたとしても、今よりも楽しくてイキイキできるようなステージを見つけることができたのなら、それが会社をかわるときです。ひやかしの面接はいけませんが、よさそうだなと感じれるのであれば、たとえ100パーセント要項を満たしていなくても面接あるいは働き出してからでもカバーできる自信があるのならどんどん行きましょう。たくさんの会社をみているうちに、本来、自分は選ばれる側の立場ですが、受けてみていいなと思わないならその会社には転職しなければいいし、ピンときたならその会社にいけばいいのです。今までうまくいかなかった人もそれは新しい転職先へのステップと考えてどんどんトライしてみましょう。


オヤジ企業は捨て求められるところへ

実は企業の中では30代男性には優秀な人材が非常に少ないといっている経営者が多いことを知っていますか。その一方で、仕事ができるなと感じたのは30代女性が多かったともいっています。昔と違い起業がしやすい状況にありますから、優秀な30代男性は起業したり、いい会社へ転職する賢さをもっていたりするものです。さらに、今までは結婚や出産で家庭に入る人が多かった女性が、独身であったり、結婚後も仕事を続けていることから、30代の女性の仕事力というのが浮き彫りになり評価されるようになったとも考えられます。いまだに女性の転職は不利というオヤジ企業にはむしろ30代女子も転職しなくて正解でしょう。今、きちんとした企業は若い女性よりも長けたキャリアを重ねた30代女子を必要としているのですから、チャンスともいえるでしょう。



営業の転職サイトには、数多くの貴重な情報が掲載されています。そのために、自分にとって理想的な職場が見つかりやすいというメリットがあります。